慰謝料を増額してもらうには?

交通事故の被害者になった時、気になるのが慰謝料です。どうせ慰謝料を貰うなら自分の納得いく慰謝料を貰いたいものです。しかし現実的に提示される慰謝料は、相場よりも大幅に安いのが現状になっています。納得のいく慰謝料を貰うにはどうすればいいのでしょうか。

相場まずは慰謝料には相場があることを知らなければいけません。大きく分けると3つの相場があり、自賠責基準任意基準というものになります。これらの基準で計算された保険料がほとんどのケースで保険会社から提示されるのですが、これらは裁判による基準よりも大幅に低いことが現状です。このように保険会社から提示された慰謝料を上げるためには交渉しなければいけませんが、相手も保険のプロなので法律の知識がない素人がどのようにしていい値上げ交渉をしていいかなかなかわかりません。

そこでオススメなのが弁護士に依頼をして慰謝料の増額交渉を代わりにしてもらう方法になります。加害者側の慰謝料に納得できない場合には弁護士の基準で算定した金額の慰謝料を貰うことが大切です。相手の保険会社は弁護士が出てきた時点で裁判を起こしてでも依頼者のもらえる慰謝料を増額することがわかりきっているので、簡単に保険会社の相場よりも高額な慰謝料を認めてもらうことができます。

このようなことから慰謝料に納得が出来ない場合には弁護士事務所に相談することをオススメします。

弁護士に依頼するメリット

交通事故の被害者になってしまった人が保険会社経由で賠償金を受け取り、終わりになるケースは珍しくありません。弁護士に依頼するメリットというものはどのようなものになるのでしょうか。

弁護士まず弁護士に依頼する一番大きなメリットは慰謝料や賠償金が上がることに期待を持てることです。相手の保険会社は保険会社として賠償金を払うので、なるべく相場よりも安く解決しようとするでしょう。そこに交通事故被害の専門的な知識を持っている弁護士を介入させることによって、慰謝料の増加に期待できます。

それ以外にも弁護士に依頼するメリットはあり、保険会社とのやり取りをしなくてすむようになります。保険会社に対してどのように交渉すればいいのかわからない人や、忙しくて保険会社に構っている暇がない人にはこのメリットを活かすことが大切です。保険会社の担当者もプロということで、親身に相談に乗りつつできるだけ賠償金を安く抑えようとしてきます。そのような面倒なやり取りはすべて弁護士に依頼することで解決します。

このように交通事故被害に遭ってしまった方は弁護士に依頼をすることで面倒なことから解放されるだけでなく、貰える賠償金も上がることが見込めるでしょう。

弁護士に相談するタイミングって?

タイミング実際に交通事故にあってしまい、警察とのやりとりや通院を始めた段階で弁護士に相談することを考える人は多いはずです。実際に弁護士に相談するのはどのタイミングがいいと言えるのでしょうか。

弁護士に相談するのは早ければ早い時期の方がいいと言われています。自分自身に法律の知識があれば弁護士に依頼することなく、賠償を受けることができますが、中途半端な知識しかない人は弁護士に依頼するのがよいと言われています。それではなぜ、なるべく早く弁護士に依頼することが大切だと言われているのでしょうか。

一番多く言われているのは事故の直後に弁護士に依頼するのがよいということです。事故直後に弁護士に依頼をすることによって、交通事故の専門的な知識を持っている弁護士が事故の流れをリアルタイムで把握することができます。また被害者にとって不利な記録ばかりが残ることも、回避することができると考えられます。

このように不幸にも交通事故の被害者になってしまった場合は、なるべく納得のいく賠償金額をもらうためにも早い段階で弁護士に相談することがいいと言えるでしょう。また弁護士ならだれでもいいというわけではなく、交通事故分野に詳しい弁護士に依頼することが大切になります。

交通事故被害の慰謝料は弁護士におまかせ

交通事故被害に遭ってしまった場合はとにかくやることが多くて大変です。警察への連絡や加害者との連絡先の交換、そして保険会社への連絡、病院に通わなければいけない場合には、職場にも連絡しなければいけません。事故の処理も終わり、少しずつ日常生活に戻ってきたころに訪れるのが慰謝料請求になります。相手の保険会社と何度もやり取りをするのは非常に面倒なうえに症状が治まらない場合には、病院にも通い続けなければいけない場合には対応が面倒になってしまいます。

弁護士そこで弁護士に相談することがオススメです。弁護士は基本的に依頼者の味方になってくれるだけでなく、慣れていない保険会社との示談金の交渉もすべて代わりに行ってくれます。また加害者側の保険会社から提示された慰謝料を見て、納得が出来ない時にも弁護士に相談しましょう。保険金が支払われる基準にはいくつもの基準があり、たいてい保険会社が出してくる基準は一番高額な基準と言われている弁護士相場よりも低いものになっています。

また交通事故被害に遭い、弁護士に相談するタイミングは早ければ早いほどよいと言われています。早い段階のうちに弁護士に相談することで、交通事故の分野に専門的な知識のある弁護士が事故の流れを把握することができるでしょう。

このように弁護士に相談するメリットは面倒な手続きを代行してくれるだけでなく、慰謝料の増額も見込めることです。

このサイトでは弁護士に相談するタイミング、相談するメリット、慰謝料を増額してもらう方法について説明しています。